【最新情報】コロナ禍に活躍する防犯カメラ

コロナが世界の脅威となってもう2年になろうとしています。世界中で防犯カメラの新しい用途が見つかり多用されています

防犯カメラのスタートは監視カメラと呼ばれ監視が目的でした。当時は銀行に防犯目的で設置しようとすると労働組合が大反対、「社員を監視するのか」という事で導入が困難であった時代がありました。説得には逆に「社員を守る為」という事で導入が決まりました。今では大きな施設、危険な場所、工場では必要不可欠な防犯カメラのシステムになりました。この防犯カメラも大量生産と共にコストも安価になり一般で使用できる商品になりました。このコロナの時代にも活躍する場が多数あります。これはネットワークの進歩です。個人個人がスマホを持ち自分のカメラが見える様になりました。ブログにも書きましたがテクノランドではガラケーの時代にmyQを実現、今の様な動画ではなく1秒間に数枚の画像を送りました。今ではスマホで高精細の画像が見れるようになりました。
  • コロナ禍の安心・安全に、防犯カメラ"myQシリーズ”...
    2021/09/09
    10月1日より、東京都練馬区の住宅にお住まいの方、お店を開いて営業している方に練馬区の防犯カメラを扱っておられる株式会社二ノック様から皆様に台数限定でご提供させて頂きます。myQシリーズのmyQ2については3...
  • 歴史の記憶を蘇らせる事が出来ます。
    2021/06/07
    全国のケーブルテレビ会社様、あなたの街の歴史的資料の中に古いフィルム、過去のシステムで利用不可の媒体等有りませんか?映像の匠をご紹介します。それらの映像が再生できたら街のイベント、歴史的資料として...
  • ホームページリニューアル公開しました。
    2021/01/19
    ブログなどで情報更新していきますので是非ご覧ください。